HOMESERVICESウェブサイト制作

ご提供しているサービス・メニュー

間違いのないWEB制作会社選び
2015/10/27|コラム|WEB制作の要注意ポイント!

昨今、インターネットによるイノベーションにおいて、各業界の収益構造は大きく変化を迫られています。
こういった市場の構造変化に対応できる企業と、そうでない企業により、企業の存続自体さえも危うくなっているのが現状ではないでしょうか。
過度の売上最大化を計ったマーケティングにより、商品プロダクトが必要以上にトレンドの影響を受ける中、商品の同質化・均一化を生み、エンドユーザーからの興味を惹きつけられなくなったという悪循環はよく聞く話ではあるかと思います。
分かりやすい事例では一時のアパレル系ドメスティック・ブランド等が最たる例であり、百貨店・商業モールでのリアル店舗をウィンドウショッピングするとよく感じられたかと思います。
事業サービスの強みを最大化・差別化し、時流において適時ポジショニングの修正を計りきれなかった結果、ファストファッションを代表するブランドに対抗(差別化)できず、店舗縮小という事態を招いたといえるでしょう。

WEB業界の現状はどういったものか?

さて、今回のテーマから若干外れてしました..。
日本におけるWEB制作会社(フリーランスを含めて)の数は某制作マッチングサイトでは登録数が約1万件にものぼります。
この中で果たしてどのくらいの制作会社が誠実で且つ成果を見出せる制作サポートを行えているのでしょうか。
業界用語化している「やっつけ」により、クライアントへ「成果物(WEBサイト等)を納品して終わり」といった制作会社もよく見受けられます。
はたして、こういった制作スタンスでどれほど成果が上がったのでしょうか。
確かにECサイトといった楽天モール等へ出店するサイトでは、それなりに成果も上がったりはします。
ただ中長期的な視点ではやはり行き詰ってくるのは業種業態問わずであるかと思われます。
事業サービス自体に収益として旨味があれば、コンペジター(競合/ライバル)が多く参入してくるのは当然であり、また過当競争となるのは必然であると言えるではないでしょうか。
では、いったいどういったスタンスで制作会社と自社事業サービスの取組みについて付き合っていけばよいか。

WEB制作会社への最終依頼見極めポイント

1.制作会社と制作工程の中で明確なスケジューリングが行えているか?
制作工程ではWEBサイトのインターフェイス・デザインからシステム設計まで多岐に渡ります。
例えば工程の第1段階においてデザインの確認・確定であれば、第1回目のデザイン・ラフ案提出から始まり、修正工数(日数)まで含めた最終確定案までの確認チェックをスケジュールに入れておく必要があります。
確認チェックを各工程において、明確に入れていなければ、それは制作会社の都合で工程が進み、非常に危険な仕上がりとなる可能性があります。

2.デザイン・クオリティの仕上がり精度はクライアントと制作会社双方の意思決定で作り上げるもの
クライアント側はWEBサイトにおいて問題を抱えているのであって、それを解決するために制作会社側へ改善・解決策の依頼を頼む。
これには何ら間違いはなく、当然であるかと思います。
しかし、もし改善・解決を制作会社へ丸投げするのであれば、おそらく目立った成果は上がらないでしょう。
制作とはクリエイティブなものであり、制作工程上での双方のコミュニケーション、成果に結びつく企画、商品プロダクトの打ち出し方、全てが一連の流れの中にあり、そこで成果に結びつく整合性をつけるのがクリエイティブでもあります。
当然、デザイン・クオリティはデザインの方向性やデザイン・ディレクションも含めて、最終デザインの確定ジャッジをどういった認識、目的の優先順位で行うかにより、その精度は大きく異なってくるかと思われます。

3.WEBサイトの運用まで制作会社が明確なディレクションをしているか?
問題点を抱えているWEBサイトはただ単にサイト・リニューアルを行ったとしても、あまり効果は出ません。
インターフェイス・デザイン等の刷新において、ブランド認知の向上といった効果は得られますが、それだけではターゲット・ユーザーへの効果的なアプローチとしては成し得ません。
企業規模や事業サービス規模、最終の成果設定に対し、費用対効果を戦略的にWEBサイトの運用施策を含んだプロモーションを行っていくことで、継続的な収益効果が見込めると言えます。
投資するキャッシュ(お金)に対し、目標設定とする収益効果をあげられるよう、信頼のおけるパートナーを探していきましょう。

インターネットからのお問合せフォームはこちら-CONTACT FORM
ページTOPへ
JS-EDIT-AREA